GちゃんDIY奮闘記

Diy workshop 製造所G

JWCADの簡単な覚え方

拡大します
CADを覚える事は難しそうに思いますが、考え方を変えると割りと簡単に覚えられます。
Gちゃんも「ホームページに図面を載せたい!」という気持ちだけで覚えました。 DIYでもCADを使えるようになると、作品を作るのに便利です。
拡大します
CADの中でもJWCADは、無料でダウンロードできますし、説明書も本屋さんにいろいろ出ていますので良いソフトと思います。

ダウンロード先は、Jw_cad home pageさんからダウンロードして下さい。

Gちゃん流の覚え方

CADを覚える事で肝心なのは、余分な操作は覚えない。
 ・・・色々と覚えようと思うと、難しくなり挫折します。

1.線を引く。

2.線を消す。

まず最初に覚えるのはこれだけです。
他の操作は、使っているうちに勝手に覚えられるようになりますので、最初は書く事と消す事のみ覚えるのが良いと思います

線の書き方

拡大します
まず線の書き方ですが、ツールバーの赤枠のところを左クリックします。

①の左クリックで始まり、マウスを移動すると左の画面のように赤線が出ます。

②でもう一度左クリックすると、黒線になって書き込めます。

失敗した時は戻るボタンを使います。

線の消し方

拡大します
線を消す時は、消去を使います。

マウスで右クリックすると、線は一発で消えます。

線の途中を消す時は、
①線を左クリックするとピンク色になります。
②消したい部分を左クリックすると、赤印がつきます。
③もう一度左クリックすると、赤印から2回目クリックしたところまで消えます。

はみ出さない右クリック

拡大します
線を引く時、交点の部分は右クリックします
そうすると自動で線と線がつながり、交点の部分がはみ出たりしません。

但しT型に線をつなぐ時は、右クリックしてもつながりません。
点がありません」と出ますので注意して下さい。

消す時も、交点になっているところは、右クリックを使います。

水平・角度・長さ

拡大します
線の長さ、角度は次の通りです。
①チェックを入れると、水平・垂直の線が引けます。・・・通常は入れておきます。
②斜線で角度を入れる時に使います。60と入れれば60°。
-60と入れれば反対側になります。
③線の長さを入れます。mmで入れる事になりますので、1000は、1mのことです。
画像は、1mの線が水平と垂直に入れたところです。

拡大表示

拡大します
線を書いたり消すためにも、拡大する事を覚えましょう。
拡大縮小は、マウスを両方押さえたまま使います。これがCAD独特の使い方です。

マウスを両方押さえると、移動という言葉が出てきます。 その後、各方向に動かすと画面が変わります。

拡大の方に動かすと四角い枠が出てきます。枠で囲んだ部分が大きく表示されます。
元の大きさに戻す時は、全体か前倍率の方に持って行けば元の大きさに戻ります。
拡大します
拡大表示は、細かい線を書いたり、線を消す時に使います。

線の交わっているところが、はみ出していないか確認する時にも使います。

複線の書き方

拡大します
複線は同じ間隔で、同じ長さの線を書く時使います

複線間隔に数字を入れておき、線を右クリックするとピンク色になり、新たな線が赤く出てきます。

もう一度クリックすると黒線が書き込めます。
書きたい方向にマウスを動かしますが、実際に書いてみたら直ぐわかります。

線種の変更

拡大します
線の色や種類を変えたい時は、ツールバーの線属性か、線のマークをクリックすると左のウインドウが出てきます。

チェックを入れてOKボタンを押せば線の種類が変わります。

範囲指定

拡大します
簡単で便利な機能が範囲です。
範囲を指定すると、消去・複写・移動が一度に出来ます。

範囲指定の仕方ですが、範囲をクリックして、画面上で左クリックします。
クリックを離した状態でマウスを移動すると、赤い枠が出てきます。もう一度左クリックすると、 画像のように中がピンク色に変わります。

ピンク色に変わった部分を、消去・複写・移動、出来ます。

消去を押せばピンク色の線が消えます。まとめて線を消す時に使います。

コピーをする・移動する

拡大します
複写、複写はコピーの事です。範囲指定してから複写をクリックし、マウスを移動するとピンク色の図形と同じ物が赤線で出てきます。
好きな場所に持って行き、左クリックすると同じ図形が何回でも引けます。
マウスのポインターは、図形の中心にあります。線の交点で右クリックすると、線を書く時と同じように交点にキッチリ合います。 画像は、90°に設定してコピーした物です。倍率を設定すると大小のコピーも出来ます。
文章では難しそうですが、使うと直ぐわかります。

移動は複写と同じ操作をしますが、コピーをせずに移動する時使います。
もちろん角度も大きさも変えて移動できます。

円の書き方

拡大します
次は円の引き方ですが、円も線と同じように引けます。

左の画像は、1000mm直線を十時に引き、半径500mmの円を描いたところです。

丸印を左クリック、半径を入れると赤い円が出てきます。
複写と同じようにして円を書き込みます。

寸法の入れ方

拡大します
寸法の出し方ですが、寸法は書くだけではなく、寸法を測る事も出来るので便利です。

傾きが0°になっている時は、横に寸法が書けます。
傾きを90°にすれば縦向きに寸法が書けます。

最初に寸法をクリックして、
①画面上の書く位置に左クリックします。
そうすると赤の破線が出てきます。 ②図形の左端の角を右クリックします。
③図形の真ん中の角を右クリックします。
④図形の右端端の角を右クリックします。

そうすると上の画像のような寸法が入ります。

文字の入れ方

拡大します
文字の入力ですが、ツールバーの文字をクリックすると、文字入力のウインドウが出て来ます。

文字を入力してリターンを押すと、画像のようにマウスポインターに四角い枠が出てきます。
好きなところに移動して、左クリックすると貼り付けできます。

字の大きさや文字色は、左上のところをクリックすると、書き込み文字種変更のウインドウが出てきます。ウインドウで変更します。

書いた内容の変更は、ツールバーの文字をクリックすると、赤枠が出てきます。
枠を書いた字の上に持って行き、左クリックすると文字入力のウインドウが出て簡単に変わります。
文章では難しそうに書いていますが、これも操作をすると簡単です。

縮尺変更

拡大します
図面の縮尺は、画面下の赤丸のところをクリックすると画像のようなウインドウが開きます。

縮尺の数字を入れてOKを押せば変わります。

木工は、1/10ぐらいが良いと思いますが、画面で使いやすい縮尺が良いと思います。

印刷の仕方

拡大します
図面を印刷する時は、
①ツールバーの印刷をクリックする。 ・・・印刷のウインドウが出てきますので、OKボタンを押します。
・・・OKボタンを押すと赤い枠が出て、枠の中が印刷できます。

②90°に設定すると赤い枠が横になります。

④範囲指定(R)を押すと赤い枠が動きます。
③のところで、紙の大きさや印刷範囲を決めます。

・・・・・・・・・設定して左クリックを押すと印刷します。

色の付け方(図面に色を付ける)

拡大します
図面にも色を付けると感じが違ってきます。色の付け方は、

①作図を左クリック。

②多角形(T)を左クリック。

③任意ボタンを左クリック。

④ソリッド図形にチェックを入れる。

⑤任意色にチェックを入れる。・・・好きな色が塗れます

⑥塗りたい所を左クリックで囲んでいきます。はみ出さないように塗るには、交点の所を右クリックして下さい。

作図ボタンを押せば色が付きます。

文章では難しそうですが、実際行うと直ぐわかります。

拡大します
拡大します
上のウッドデッキや、大八車も、今まで説明しただけの操作で書いています。 JWCADは他の機能もいっぱいありますので、使いながら覚えていく方法が一番良い思います。

50代半ば過ぎの親父が、覚えたやり方です。
CADって使えるようになったら、DIYでもとても便利です。 JWCADの使い方のサイトは、いっぱいありますし、丁寧に説明しておられます。
皆さんも覚えられたらいかがですか(*^^*)

奮闘記トップページに戻る